レベルは自分の価値基準。心が嬉しいと出会いも嬉しいものに変わる。

とらこの所属する無料お悩み相談『ココロノマルシェ』より。
もんじゃ焼きさんのご相談に回答させていただきました。


30歳 婚活中の女です。
先日、知り合いのおじ様、おば様が私に合いそうな男性がいるとのことで紹介してくださることになりました。
私は婚活を始めてから、周りのいろいろな人に「いい人いたら教えてね」と声を掛けていましたが、なかなか紹介が実現したことがなかったのでとても嬉しかったです。
おじ様からは「爽やかな好青年」と聞いていたので、とてもウキウキして待ち合わせ場所に向かいました。・・・が、待ち合わせ場所につき、紹介された男性は・・・
詳しいことは割愛しますが、正直、かなり残念な印象の方でした。
紹介して頂いたところ、本当に申し訳ないのですが、とてもがっかりしてしまいました。(泣)
お相手にがっかりしたというよりも、「私、この人と釣り合ってると思われてるんだ・・・」というショックです。
紹介してくださったおじ様もおば様も、すごくいい方々で当然善意しかないので、「本当に釣り合っていると思われている」感が・・・なんだか余計にショック(笑)
いつも大した男とは付き合えず、友達の彼氏が常に羨ましかった私でしたが、これなら今まで自力で捕まえてきた男のほうがマシだ・・・と思ってしまいました。(※紹介してくれた方には本当に申し訳なく思っています。)
今までの私は自信過剰だったのでしょうか。
今回ご紹介頂いた方は年収も学歴も私より低かったので、釣り合っているとは言い難いのでは・・・と、どうしても思いたくなってしまいます。
一方で子どもの頃から容姿コンプレックスがあり、おしゃれやメイクをするようになって一時は少し自信がついたものの、婚活を始めてから他人と比較されることも増え、また自信を失っているところがあります。
なので、世間から見た自分に対する評価が微妙なのもやっぱり容姿のせいなのだろうかと思ったりします。また、思い返せば子どもの頃から、自分の頑張りに対して、周りの大人に思うように評価されず悩んでいたところがあります。自己評価が高すぎるのでしょうか。
まとまりのない文章で申し訳ありませんが、こんな私にアドバイス頂けると幸いです。よろしくお願いいたします。

ココロノマルシェ
https://cocoro-marche.com/archives/4999

はじめまして、とらこと申します!
ご相談ありがとうございます(^^)

なるほど。もんじゃ焼きさんは婚活を通じて「自己への信頼」と向き合おうとしているのだな。というのが初見の感想です。

自己の信頼=自信であり、言葉を変えれば「自己肯定感」かなと思います。

もんじゃ焼きさんはご自身で ”自信過剰”かな ”自己評価が高すぎるのかな” と仰っていますが、正直言うとその逆で、もっともっと自信過剰になっていいし、自己評価が低いんじゃないかと思っちゃっています。

🐯

今回のこういった出来事が起きたのは「もうそういう点数制の人生はやめて自分をもっと好きになって楽しもうぜ!」という内側のもんじゃ焼きさんからのメッセージを受け取っているからなんだと思うのですね* 実際に起こったのは真逆の出来事かもしれませんが、次のステージへ進むためのイベントだと捉えてみると良いと思います。

人は誰でも ”価値観(評価)フィルター” を通して物事を見ていると思うのですが、もんじゃ焼きさんが「ざんねんだ」と感じたことは、そのフィルターを構成している素材だと思うんですね。

それはご相談文から「年収」「学歴」「容姿」かな?と思うのですが、(まぁ、婚活では重視される内容ですよね♡)それが、今の・・もんじゃ焼きさんにとって大事な価値観であり逆を言うと、囚われている価値観でもあると思います。

なので、おじ様おば様の ”価値観フィルター” には「年収」「学歴」「容姿」という要素が最初から入ってなかったのかもしれませんね(^^)もしかしたら「人柄」の一点集中だったのかもしれないです。

でも実際のところ、おじ様おばさまのフィルターというのはどうでも良くって、大事なのはもんじゃ焼きさんが「周りも自分と同じフィルターを持っている」と思っているということと、そのフィルターにもんじゃ焼きさんが振り回されてしまっているということだと思うのですね。「囚われている」と敢えて嫌な言い方をさせてもらった理由もここにあります。

例えば「価値観なんて人それぞれだし状況によって変わるよねー」と楽観的に捉えられている人の場合は、「は?」と思えど「ま、こんなこともあるさ」と次に目を向けられると思うし、「私には高収入高学歴のイケメンしか釣り合わないわ!」と堂々と思える人だったら、「は?」と思って終わりだと思うんですね。フィルター自体持っていないような悟りの世界の住人だったら「は?」とすら思わないかもしれませんが、別にそこを目指す必要もないと思います。

でも「は?」と思ってしまった現象に対して、自分の価値に目を向けてしまうもんじゃ焼きさんは、まだまだ価値を受け取れていないんじゃないかなぁと感じるのです。

その原因として、ご相談文の後半にも書かれている通り、もんじゃ焼きさんの半生はコンプレックスや自己評価・他己評価で随分と悩み闘ってこられたのかなと推測します。

具体的な内容は書かれていなかったのですが、恐らく子供時代に自分の価値を疑ってしまうような、そんな悲しい経験があったと思うんですね。

もしかしたらご両親から褒められる経験が少なかったり、兄弟や友人と比べられるような出来事があったり、誰かから自分を否定されるようなことを言われたり…

子供は純粋ですから、それをありのまま受け止めてしまって「自分は〇〇だから」といった勘違いをそのまま留めて大人になってしまったりすることもあるんですよね。

私も未だにワガママボディを蓄えているのですが、(当時)美人でオシャレだった母親には容姿を指摘されたり着ている洋服にとやかく言われたりしていました。(当時)ガリガリだった姉と比べられたこともたくさんありましたねぇ… かなり長いことコンプレックスを抱えていて、思春期から30歳になるまでの間は、もう本当に嫌になるくらい体型に囚われていたのです。

面白いもので「痩せたいキレイになりたい」と思えば思うほど、どんどん真逆の方向へ進んでいくんですよね。過食症にもなったし、アルバイト先からは ”デブゴン” と呼ばれていたこともありました。笑

だけど40歳を過ぎ、こうして心理学を学んで過去の傷を癒したり、やりたくないことをやめてありのままの自分を受け入れるようになってから、ふっとラクになったんですね。「痩せたいキレイになりたい」という想いももちろんありますけど、その当時とは全く違う感覚で、焦りもないし、まず「今の自分が好き」という土台の上でそんな風に思えています。

当時の自分を思い返してみると、やっぱり「周りからの評価」に振り回されていたように感じます。

痩せるのもキレイになるのも、周りの評価を得るため。周りから嫌われないため。そのためだったんですね。「お母さんに愛されるため」がその始まりだったのかもなぁ、なんてことを今思いました。

もしかしたらもんじゃ焼きさんも、自己評価のそのずっと先には自分ではない「誰か」の評価を待っているのかもしれませんね。

🐯

とは言え、その始まりにフォーカスし過ぎてしまうのは心理学の罠でして、例えば人のせいにばかりしてしまうのはその罠にハマってしまっているからなんですよね(自戒を込めて)。

価値や評価というものは他人からではなく、自分で感じて受け取るもの。

ですので、誰のことも責めず自分に目を向けて、これまでも自分磨きを頑張ってこられたもんじゃ焼きさんは、とーっても素晴らしいなと思うしすごく頑張り屋さんでカッコいいと思います。

>>これなら今まで自力で捕まえてきた男のほうがマシだ

ここも要ポイントです☆
自力で捕まえられる魅力と才能があるってことですよね。

もっともっと、本当の意味での自己評価を満点にしてあげられれば「マシな男」ではなく「いい男」を捕まえらえますよ!それにもし今回のような出来事があっても気にならなくなるし、むしろこのような出来事すら起きなくなるはずです (^-^)

初めにお伝えした通り、これはもんじゃ焼きさんが自分に点数を付けるのをやめて、もっと自分を好きになるためのイベントだと思っています。これまでコンプレックスだと思っていたことがコンプレックスじゃなくなる大チャンスです☆

もしかしたら、信頼しているおじ様おば様がそれに気付いてもらうためにナイスアシストしてくれたのかもしれませんね( ´艸`)

🐯

自己評価を満点にしてあげる方法はたくさんあると思いますが、ご相談文を読む限り、もんじゃ焼きさんは自己肯定感という土台はちゃんと築いていらっしゃると思うんですよね。

今回のようなちょっとした事件で少々ぐらついてしまうことはあるかもしれませんが、今はそれをコンクリートでしっかり固めている最中なんだろうなと思います。

なので、前半いろいろ言いましたが、今回の件に関して言えば「気にしない」がいちばんだと思っていて、もしぐるぐる考えてしまうのであれば、ちょっと一回休憩する

が、私なりのアドバイスです。

婚活って、ただでさえ疲れると思うんですよね。
人生がかかっているわけでお相手選びも手を抜けませんし、本気であればあるほど色々と神経も使うと思います。

この世界はエネルギー(周波数)でできているので、自分の心の周波数に合ったモノや現象を引き寄せます。

これまで大したことないメンズとのお付き合いで、多少の疲れや痛手もあったはず。
さらにこれまでの婚活で、更なるダメージを受けているのであれば、そりゃ戦闘能力も落ちていると思うんです。

今回は自力ではなく ”紹介” というかたちを選んでみたと思うのですが、やっぱり戦闘能力が回復していないと、もんじゃ焼きさんからはそれなりの周波数しか出ないんですよね。それなりの周波数に引き寄せられるのは、それなりの周波数に引き寄せられたメンズ…そんな風に思います。

今回はたまたま「ざんねん」なレベルの方だったけれど、もしかしたら「超イケメンだけどフリーター」とか「ぜんぶタイプだけどモラハラ男」だった可能性もあったと思うのです。

そもそもレベルというのは ”今の自分の価値観フィルター” の中のお話なので、結局そのレベルを決めているのは自分なんですけどね☆

いずれにしても、今のもんじゃ焼きさんは「良い出会いに恵まれないのは自分のレベルのせい」と思ってしまっているかもしれませんが、私は自分が発する周波数のせいだと思うんですよね~c(·ω·`c

ですので、もし心がお疲れであるならば、まずはその回復を!

自分が心地よいこと、楽しいこと、嬉しいこと、行きたい場所に行く、欲しいものを買う、会いたい人に会う、したいことをする。

もし、自己評価の始まりと向き合ってみたいと思うのであれば、自分で人生の棚卸をしてみたり、カウンセラーさんに力を借りたり、そうしたいのであればそのタイミングなんだと思います。

そうしていくと、どんどん戦闘能力も回復していって、おのずとキラッキラのピッカピカの周波数に変わっていくので、そこから出会いが変化していくと思います(*゚▽゚)ノ

「婚活やめて好きなことしてたら素敵な人に出会った」
「赤ちゃんを諦めて旦那さんと仲良く過ごそうと思ったら子供ができてた」
「末期ですと言われて世界一周旅行に出たら病気が消えた」

などなど、この世界ではそんな奇跡的なお話を聞いたことあると思いますが、それと同じことだと思います☆

それに自分が心から楽しんだり心地よく過ごしていると、自信とかレベルとか悶々と考えていたことなんてどこかに吹き飛んでしまうものなんですよね。むしろ、それを続けていくことでどんどん自己肯定感が上がっていきます。

もんじゃ焼きさんがますますキラッキラのピッカピカの女性になって、素敵なパートナーさんに出会えることを心から願っていますし、とらこはそうなると信じています(’∀’人)♥+

🐯

とらこのカウンセリングはこちら↓
19:00より 90分7,000円
(オンライン)

コメント

タイトルとURLをコピーしました