筋腫ちゃんとお別れしようと思ったら・・・

終わらない青春、止まらない生理。

そんなわけで突然ですが行ってきました。
ソマティックヒーリング。

って何?
と思われた方も多いと思います。私もその1人でした。

素敵なご縁に恵まれて、ある素敵な女性に教えてもらったソマティックは、ヒプノセラピーのひとつで「体細胞療法」と呼ばれる催眠療法です。


ソマティックヒーリングは、催眠状態でボディーワークやイメージワークを用いてクライアントさんが病気の患部に向き合ったり、クライアントさんご自身の自己治癒エネルギーを呼び覚まし、ご自身の抱える問題症状の裏に潜んだ意味、潜在意識からのメッセージをご自分で突き止めて自分自身を健康な状態へと導く癒しの技法です。

日本ソマティックヒーリング研究会
http://www.somatic.jp/about/

具体的な内容はこちらに書かれてあります↓

ソマティック・ヒーリング | イーハトーヴクリニック
ソマティック・ヒーリング(体細胞療法) はじめに Somatic Healing(ソマティック・ヒーリング:体細胞療法)は米国のDavid Quigley氏が開発した手法です。 このプログラムは、ある時には一回でもこの手技が奇跡的なヒーリングをもたらす事もあります。

(1)身体の不調に向き合う対話型の方法
(2)黄金の太陽:身体エネルギーの調整
(3)催眠運動:潜在意識下の身体運動
(4)カラー・ヒーリング:催眠運動で患部の色や形を追い出し、新しい色や形を運び入れる。
(5)内なるヒーラー:内なるヒーラーと出会い、アドバイスを受ける
(6)内なるヒーラーによるスピリチュアルな外科手術:内なるヒーラーによるスピリチュアルな手術を受ける

↑こんなの読んだら、もう受けるしかないっしょ!

施療を行ってくれる萩原優先生は、元々30年以上にわたって臨床経験を積んできた消化器外科医の先生で、西洋医学の効果と同時に限界も感じたことから、精神や魂からの根本的なアプローチにより「自己免疫力」を高めるための催眠療法を学ばれたお方です。

写真で既に一目ぼれをしていたのですが、サイト内の動画で先生から溢れ出す優しいエネルギーと、お話されている内容の深い説得力に感動しソッコー申し込んじゃいました。(動画はクリニックのサイトから見られるよ☆)私も一応 ”OHHT(クォンタム・ヒーリング・ヒプノシス・テクニック)” で催眠について学んでいますが先生の動画でより催眠や潜在意識についての理解を深めることができました(⑉°з°)

ちなみに、こんな記事を発見したので勝手にシェア。

なぜ「答えは必ずその人が持っている」のか
病気になることは、体が自分にサインを送ってくれている証拠だという。心の医療を行うと患者さんの生き方が大きく変わる理由とは。

「答えは必ずその人が持っている」

そう!そうなのです!催眠療法の醍醐味はまさにそこにあるのです。
それを自分自身の内側の深い部分から感じられるので、納得感が半端ないのです。

と、まだモニターセッション段階の私が偉そうに言うのもアレですが、ヒプノセラピーがこれからどんどん拡がっていけばいいなぁと思わずにはいられません。

そして今回私は「体調を崩したり、病気になるというのは、体が私たちにサインを送ってくれている証拠です」「証拠」を探るためソマティックヒーリングを受けることにしたのでした。

ブログでもちょこちょこ書いていますが、私の抱えるアレは『子宮筋腫』でございます。
今や4人に1人が持っているという筋腫ちゃん。

私も長年お付き合いしておりまして、症状が出始めたのはここ5年くらいかなぁ?
筋腫ができる場所で症状に違いがあって、私の場合はいちばん厄介な『粘膜下筋腫』と言われる子宮の内側にできるやつ。とにかく出血量が多いのです。

「意識で治す!」と数年ほったらかしにしていたんだけど、貧血の数値も年々悪くなってきて、階段上るのもぜいぜいするし、とにかく疲れやすくてしんどい。頭痛も(;_;)
貧血症状で出てくる「氷食症」もバッチリで、とにかく氷をガリガリ食べたくなるんですよねw

そして長引く生理にそろそろ限界か・・・
と手術する方向に切り替えたのだけど、なんだかやっぱり自分でつくり出した筋腫ちゃんを、ただ切って終わりにすることに納得がいかなくて、うだうだしていた時にソマティックの存在を知ったというわけです。

筋腫ちゃんの話を聞こう。
筋腫ちゃんにちゃんとお別れを言おう。

(なんなら治したい)

そんな想いと同時に「なんだかオカン・罪悪感・お金と関係してる気がする」と勝手に推測していたので、それも知りたいと思いました。脈絡はないのだけど、最近ふと感じてる自分の問題と子宮筋腫が繋がってると思ったんですよね。その答え合わせもしたいと思ったのです。

ちなみにソマティックヒーリングって、4~7人くらいのセラピストと一人のクライアントさんで行うのだそう。

すごくない?やばくない?
特に「自立系武闘派女子(※根本裕幸カウンセラー用語で思考的で自立的な女子のこと)」にとって、数名のセラピストさんに頼るって究極のサレンダーだと思うんですよね。

そこも私には大きなメリットに感じて、新しい自分に出会えるような気がしたのです。

実は感染予防のため萩原先生とマンツーマンセッションが決まっていたのですが、非常に有難いことに、先生のご配慮により2名の女性セラピストさんにご参加いただけることになりました( ノД`)(もちろん感染対策バッチリの準備と環境下で行われました)
そもそも、先生自ら施療してくれるとは思ってなかったよ(;▽;)嬉しみ。

そして当日お会いした先生は、想像通り暖かくて柔らかい空気を放ってらしていました。

催眠の誘導もそりゃもう心地よくて。
正直、ガチガチ思考型の私なので「うまく入れなかったらどうしよう」と一抹の不安があったのですが、気付けばあれよあれよと潜在意識の海の中へ・・・外で騒がしかった子供たちの声も遠ざかり、手の感覚も消えていき、自分の身体に全集中していました。

そして (2)黄金の太陽:身体エネルギーの調整 に入ると、体内でものすごい変化が起こりました。とにかくものすごいんです!エネルギーの循環が!体の中をぐるぐるぐるぐるエネルギーが凄いスピードで駆け巡り、頭からつま先まで高速で血が巡っているのがわかる!そしてどんどん体が熱くなってくる!体の中がカッカと燃えに燃えている

気付けば超トランス状態になっていて、まるで寝っ転がってコーヒーカップに乗っているみたいな感覚に(☉∆☉) そして手のひらから凄い量のエネルギーが放出されているんだけど、それだけじゃ足りなくて、途中でセラピストさんに吸い取っていただきました(セラピストさんにしてほしいことをお願いできるんです)。

※ネタバレ(?)ですが、この工程では先生を含めた3名のセラピストさんが催眠の誘導を行ってくれます。先生曰く『オーケストラ』とのことですが、本当にその通りで、3人の重なり合う声にもはや思考は成す術がなく、どんどんどんどんトランス状態に入っていくのです。しかも、先生の声がすっごく心地よい上にこのセラピストのお姉さまたちの声が優しくて優しくて(;_;) すごく安心するし柔らかくて温かいのです。

このあたりから、ぶっちゃけ記憶が曖昧に。
(3)催眠運動:潜在意識下の身体運動 の工程で、私は「足が寂しい」と呟いていました。

寂しい?
なぜ?
やだ、恥ずかしい。

と不思議に思っていると、今度は左半身の様子がおかしい。
左の上半身は真っ黒で、下半身は乾いた土だけでできた山のイメージが思い浮かぶ。
グレーと茶色の乾いた土や砂でできた大きな山脈。
先生の誘導でそこにフォーカスしていくと、山は砂漠に変わってサーッと消えてしまいました。

そしてふっと出てきたのは、8年前に亡くした父でした。

面白いもので、出てきた瞬間に全てを悟りました。

「父が亡くなって私は左半分を捨てちゃったみたいです」そう先生に伝えました。

そうでしたそうでした。
私は父を亡くして自分の半分を捨てちゃったんです。
すっかり忘れていたけれど、世界が灰色に変わったあの日、私は半分になっちゃった。

もう泣くだけ泣いたし、時間もかけてかなり癒せただろうと思っていたけれど、あの日あの時、私は捨てちゃったんですね。半分を。自分を。人生を。

それを思い出しました。泣けました。

後付けのようになってしまうのですが、実は私ここ数か月、左半身の様子もおかしかったんですね。
左右がずれている感じがして、左の首肩だけいつも緊張していて凝るし、左の首筋だけアレルギーみたいな痒みもあるし、とにかく何だか左だけ気になっていたのです。腰痛も生理痛も何故か左側だけだったしね。

でも、ひとしきり泣いた後、何故か勝手に自動回復して黄金の左足が現れ、それから身体が真っ直ぐに整ってしまいました(^O^;) 以前ユリンカさんのイーマサウンドでチャクラを整えてもらった時と同じような感じ。体の真ん中に真っ直ぐな軸ができて、ガチッと身体に魂が収まった感じがしました。

ここまでくると、正直、子宮筋腫のことなんて忘れてしまっていて勝手に解決したような気になっていました。

しかし先生はちゃんと本題の部分に入っていってくれます。いよいよ筋腫ちゃんとご対面です。
意識の中で自分の体内に入っていくと、ポーンと宇宙空間に投げ出されました。
目の前には、暗い紫色でボコボコした筋腫の惑星があります。でも…一切応答がありません。
まるでそこには何も意識がないような。意味を成さないような。

それでも先生は辛抱強く待ってくれました。

(5)内なるヒーラー:内なるヒーラーと出会い、アドバイスを受ける の工程で、アニメのキャラのようなキリストさんを召喚し、どうするか話し合っていると、突如、小悪魔みたいな紫の姉御が現れ「あんたの好きにしな」と言ってきました。

同時に私の意識が筋腫ちゃんの中に入っていって、同じように「好きにしたらいいよ。どうしたって大丈夫だから」とそんな気持ちになりました。

渋滞してる登場人物をまとめるとこんな感じ(^O^;)

とらこ:おーい筋腫ちゃん死んでるの?
キリストさん:それは仮想だから聞いても答えはないよ
とらこ:どうしたらいいんだい?
キリストさん:さっき気付いたから大丈夫
紫の姉御:意識はそこにないよ、別のとこにある。

(ここで先生のナイスアシストが!)

先生:手術しないでこのままの状態だったらどうなりますか?
紫の姉御:5年かかるね

とらこ:じゃ筋腫ちゃんは取ってもいい?
紫の姉御:好きにしな
筋腫ちゃん:好きにしな。大丈夫だから。

とらこ:先生、なんだか大丈夫みたいです~

と、なんと私はソマティックヒーリングの醍醐味でもある (6)内なるヒーラーによるスピリチュアルな外科手術:内なるヒーラーによるスピリチュアルな手術を受ける を拒否してしまったのです。

今になって、何てことを!と激しく後悔(´д⊂)

でも、あの時は本当に腹の底から『大丈夫』な感じがして、先生の誘導で筋腫ちゃんと握手して仲直りしたら、子宮の中がピンク色に混ざり合って溶け合って、更に大丈夫な状態になっちゃったんですよね。

先生も「小さくなってるかもしれないから、手術する前に診てもらった方がいいですよ」と仰ってくれて、本当にそんな気がしました。

ゆったりと催眠から目覚め、起き上がって発したのは、

「熱い!」

全身がポカポカしまくって、血流が良くなりまくって、サウナに入ったみたいに熱い!
「これが自己治癒力か」とびっくり納得です。

帰宅途中の電車では、あしたのジョーみたいになって、自宅までの道のりの記憶が全くありません。
そして自宅に着いて一息ついた頃には、なんとお腹の張りが一切無くなっていたのでした(゚ロ゚)

ついつい「まさか?まさかね?」と疑ってかかってしまい、翌日にはまた張り出したのですが、そのまた翌日には終わらない生理が止まったのでしたヽ(;▽;)ノウェーイ

手術のための病院の予約は少し先に入れました。
最短でも1か月先しかとれなかったのです。
それまでに筋腫ちゃんがどうなっているか…?楽しみです。

萩原先生、素晴らしい時間と施療、本当にありがとうございました!
急遽、サポートに入ってくださったスタッフの皆さんにも心から感謝です!

写真まで撮ってもらったミーハーとらこ🐯

それにしても、原因は別のところにあると思い込んでいたので、まさか父が出てくるとは思っていなかったです。今考えても本当にびっくり。

セッション中は深い納得感があったのですが、日常に戻って改めて父と子宮筋腫の関係について答え合わせをしてみようと思いました。

続きます → 筋腫ちゃんとお別れしようと思ったら・・・その2

ちなみに、ソマティックヒーリングのことを教えてくださった素敵な女性のHPはこちら♡

カウンセリングルーム luire(リュイール)
臨床心理士、公認心理師による心理カウンセリングルームですルーム

あたすのことを ”とらちゃん” と呼んでくれる粋な臨床心理士のお姉さまです♡
ブログがとてもとても面白く興味深く、カウンセラーとして勉強になる内容ばかりです。(是非みんなにも読んでほしい!)

こんなこと言うのはアレですが、何と言うか『本物』の臨床心理士さんだと私は思っています。

もちろん萩原先生もソフマティックヒーリングも!
だって思い切り体感しちゃったんだから。

やっぱり「病は気から」だし「自己治癒力」は存在すると思います(๑ ́ᄇ`๑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました