若者たちのひたむきで優しい姿に5次元への移行を感じた。

私はオーディション番組が好きです。

去年は、御多分に漏れず『Nizi Project』を追いかけてたし、それでtwiceに興味を持って『SIXTEEN』(twiceの結成オーディション番組)も最初から全部見ちゃった。

そして昨夜は、『THEFIRST ザファースト』ってオーディションが開催されているのを知って、動画を漁って一気に見ちゃったよね~

参加者は10代~20代前半の男の子たちで、個性はバラバラだし、ダンスや歌の経験値もバラバラ。
でも、選考に残っていく子たちみんなに共通してるのが、やっぱり作り物ではない素直さなんですよねー。

良くも悪くも、嘘偽りのないありのままの姿は、観ている人を感情移入させてしまうし、そんな彼らの頑張っている姿は大きな感動をもたらしてくれる。

彼らの涙には1ミリの嘘もない。

昔、全く違う畑の仕事に飛び込んだことがあるんですけど、ある時ミスってしまい、多くの方にお詫びの連絡を入れなくてはいけなかったことがあるんです。
まだ入社したての大失敗で、めちゃくちゃ焦っていたんですけど、「大丈夫!必死で一生懸命な姿って必ず伝わるから」と、当時の社長が一転の曇りもない表情で言ってくれて、それで腹が座ったのを憶えています。

確かにあの時の私は必死だったし一生懸命だった。
それに、お詫びの連絡を入れた時に怒った人は誰一人いなかった。
この学びはその後の仕事にも活かされて、仕事で失敗した時は素直に認めて心の底からお詫びをするということを忘れずに今に至ってます。
何か買い物などして、先方のミスで嫌な気持ちになった時も、変にごまかさずに素直に対応してくれたら、逆に相手に愛着が湧いちゃったりしますよね。

全然カンケーない話しちゃったけど、ふと思い出したの(*°∀°)

そんな風に必死さや一生懸命っていうのは本当に人の心を胸打つもので、『THEFIRST』は、そのエネルギーを思い切り感じさせてくれるから、心の底から感動が溢れ涙も止まらないんですわ~

オーディションを主催しているSKY-HIさんが、パフォーマンス後に「ありがとう」と言ってしまう気持ちもとてもよくわかる。

見ている私からしたら、こちらこそありがとうございますぅー( ;∀;)

私も41歳という年齢になりまして、悲しいかな、何か夢中になって夢を追うということも忘れつつあります。(かなぴい)

たぶん、多くの大人の皆さんは私と同じ思いを持っていると思うのだけど(そんなことない?ごめんね、偏見?)、『THEFIRST』を見ていると、そう忘れかけていた感情や想いを、頑張っている彼らに投影することができるんですよね。だから応援せずにはいられない。

今、カウンセラーの再始動に向けて日々もがいている私ですが、こういう子たちを目の当たりにすると、結局やっぱり何か夢中になれるものに一生懸命なれることが、最も人生を楽しく素晴らしいものにしてくれるんだなぁと、つくづく感じてしまう。

悩みとか問題とかをこねくり回してるより、好きなことを夢中でやろうぜ!
と、心理学とかスピとかを毎日こねくり回している私は、そう思うわけです。笑

こうして選考に残って輝いている彼らを見ていてもね、ちゃんと自分軸というものをしっかり持っているなぁと感じるんですよね。だからこそ、自信がないという感情もちゃんと表現できるのだろうし、失敗もちゃんと受け止めることができるのだと思う。

芸能界って氷山の一角だと思うけど、やっぱり自分軸がしっかりしているからこそ、自分のカラーをちゃんと出せていけるし、オドオドしていないから人を惹きつけられる。そういう人が生き残っていくんだろうなぁ。

あとね、『THEFIRST』を見てて強く感じたことは、やっぱり時代は変わっているんだなぁということ。

激励に来た先輩のアーティストさんも、彼らの様子を見て同じようなことを言っていたけど、参加者の男の子たちって、自我はちゃんとあるんだけど、それを一方的に押し付けるわけでもなく、ちゃんとお互いを尊重して、みんながみんなに優しい。全然怒らない。

いいところを編集してると言えば、そうなのかもしれないけど、それだけではない空気感が伝わるから、実際にそういう感じなんだと思う。

私たち世代やもっと上の世代からすると、今の若い子たちに対して「なよなよしとるなぁ」「もっとゴリゴリに主張しろよ」とか感じることもあるかもしれないけど、きっともうそれは時代遅れで、今は、正しさとか変な拘りよりも、平和的解決が優先されてきているのかもしれないな。

正しさや拘りはどうでもいいという時代。(良い意味で)

またも話はぶっ飛びますが、
私の職場の後輩に1人だけ20代の男の子がいるのだけど、全く自己主張や感情表現がなくて、最初はそのジェネレーションギャップを受け入れられなくて、結構厳しく当たってしまったんですよね。

「彼を育てなきゃ」「彼を正しく導かなきゃ」みたいな、今となっては余計なお世話そのものの使命感みたいなものを勝手に感じていて、思うとおりに動いてくれない彼にめちゃくちゃイライラしてしまい、2人の空気も常にピリピリしていたのです。

だけど、ある時、彼がものすごく私に対してストレスを感じていたことを知り、行き過ぎた行動に自覚があった手前深く反省しまして、色々悩んだ結果、「全部棄ててしまおう!」と決めたんです。

彼ができなければ、できるようになるまで自分でやればいいや。
態度が悪くても、後で困るのは自分だし放っておけばいいや。
成長が遅くても、私には関係ないことだしどうでもいいや。

そんな風に気持ちを切り替えて、もう必要最低限のことは言わない、怒らない、期待もしないようにしました。

そうしたらね、みるみると彼の仕事っぷりも変わり、2人のピリピリした空気も変わり、そして私のイライラも無くなってしまい、1か月もしないうちに良い関係に戻れたんですよね。

1年近く見ていなかった彼の笑顔がこちらに向けられたときは、正直泣きそうになりました。

彼を信頼しようとか、そんなことは全然考えてなくて、ただ、自分のストレスを減らすためにやったことなんですよね。でも、結果的に、彼は変わってくれたし、私も変われたんです。

本当、ただの余計なお世話だったんでしょうね(^^;

あれだけイライラしていた彼に対して、今では感謝すら感じる今日この頃。
彼に出会わなければ、この重たい拘りを捨てることはできなかったから。

突然ですが、見えない世界のお話では、地球は急激にアセンションしてるって言われてます。
今までの3次元の重たいエネルギーから、4次元5次元の軽やかで穏やかな領域に移行してるんだって。

だから、後輩君とか『THEFIRST』の軽やかで穏やかな若者たちを見ていると、本当に次元は移行しているのかもなぁと思うと同時に、これからの世界や地球をつくっていく世代の子たちが、こんなに素敵な子たちばかりだと思うと、すごく安心するというか嬉しくなってしまう。(もちろん羨ましい)

今はコ〇ナ旋風が未だ巻き起こっているけど、彼らみたいな若者のエネルギーやパワーってそれすら吹っ飛ばしてくれる気がするから、なんかもう全然心配いらないって思えた。

むしろ、とことん甘えて乗っかっていきたいです♡

また話はぶっ飛びましたが、『THEFIRST』は、主催者のSKY-HIさんの存り方も本当に見どころ。

人間レベルのステージが違い過ぎて、説明したくても書けないっ(;▽;)
なので、是非『THEFIRST』見てみてください。(因みに私は、全部youtubeで見たよ)

BMSG
BMSG (Be MySelf Group) − アーティストやアイドルが “自分のまま” いられる空間を − Established and managed by SKY-HI SKY-HI / Novel Core / BE:FIRST

でもね、こういう人が表立ってこういう活動をして発信できる時代になったんだなぁと、これまた良い時代への移り変わりを感じるし、闇の多いメディアや芸能界も変わっていくんじゃないかなぁと、これからの世の中が本当に楽しみになりました°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖° おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました