潜在意識には時間なんてものは存在しない。

最近、とあるヒプノセラピーの勉強を始めまして。

それがとにかく面白くて興味深くて、無我夢中で学んでいます。

私の想像する未来には『科学×スピリチュアル』という世界がもう近くて。
てかもう、既にそういう時代になっていると思うのですが、皆さんどう?

私は元々目に見えない世界に興味はあったけど(そしてその後、占いジプシーになるんだけれどもw)、心理学の世界に足を踏み入れ探求していくと、潜在意識というとんでもない未知数レベルの存在と出会うわけでして、そうするとどうしたって必然的に宇宙やスピリチュアルの方に行くしかなくなるんですよね。

そもそもスピリチュアルって何さ?

スピリチュアルとは
英語のスピリチュアル(英: spiritual)は、ラテン語のspiritusに由来するキリスト教用語で、霊的であること、霊魂に関するさま。英語では、宗教的・精神的な物事、教会に関する事柄、または、神の、聖霊の、霊の、魂の、精神の、超自然的な、神聖な、教会の、などを意味する宗教形態。キリシタン用語としては、ポルトガル語読みでスピリツアル、すぴりつあるとも表記される。

Wikipediaより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB

Wikipediaさんの説明は何だからわかりづらいな。

スピリチュアルって用語は正直あんまり好きではなくて使いたくないから、私はまとめて「目に見えない世界」と呼んでいます。

だからある意味、心理学も目に見えない世界だし、宇宙もまだ一般人の私には目に見ることのできない世界だし、科学だって超ミクロの部分は目に見えない世界。

目の前に在るものや見えるものは全て、(目に見えない)素粒子からできているわけで、そんな素粒子は、人間の想像もつかないような動きをすることがわかってる(この事実が本当かどうか疑ったら話が進まないので、本当のこととします)。人間も元を辿れば素粒子のかたまりなのです。

だから、スピリチュアルって科学だな~とすら思っている。

そんな私ですが、ぶっちゃけヒプノでよく言われる「過去世」というものは疑心暗鬼だったし、「人生にはカルマがある」とか「どんな良いことも悪いことも自分で選んだ」とかも、あんまり信じられなかった。

じゃあ、虐待をする親も自分で選んだの?戦地に生まれたのも自分の意志?障害や事故も決めてきたの?そもそも、この世に生まれなかった命は何なの?

って、上げたらキリがない。

ちなみに、今学んでいるヒプノセラピーでは、それらのことについて「YES」と言っています。

この数か月で「世界は自分がつくってる」ってことが腑に落ちてわかった私だけれど、そのあたりは未だに受け入れがたい部分でも・・ある。

だから、その部分においては、今後の自分の宿題にしようと思います。
今は何も言えません。

そんな今日は。「過去世」について今思うことを書きたいと思います。

「過去世」もね。きっと賛否両論あるだろうし、そもそも魂の存在とか、生まれ変わりを信じていなければ存在しない概念だと思うんですよね。

かく言う私も、そのへんは半信半疑で「あったらいいなぁ~」と思うだけだったんですけど、さっき言ったように ”潜在意識” の強烈なパワーを知るうちに、その存在を感じるようになりました。

それに、自分の問題やクライアントさんの問題と向き合う上で、どうにしたって幼少期だけのトラウマや問題で片付かない、粘っこくてしつこい ”思い込み” があるように感じるんですよね。

私のオカン問題なんかも、なんでこんなにも解決できないんだ!?なんて思ったりして、冗談で「過去世に何かあったんじゃないの?」とか言ったりね。

そんな中、今こうしてヒプノセラピーを学んでいると、やっぱり 魂の存在や生まれ変わりっていうのは、辻褄が合ってくるんですよね~。

実は私自身も、このヒプノセラピーを受けてみたんですけど、現世で見たこともない風景が現れて、見たことないはずなのに、なんだか懐かしい感じがする。知っている気がする。そこにいた気がする。
そんな不思議な感覚を味わいました。

悲しい記憶の場面にも行ったのですが、そこでもやっぱり確かに自分自身の感情として感じるんですよね。そして、今、この世で生きている自分にもリンクする感情でもありました。

以前、こんなイラストを描いたんですけど

”オールOKゾーン” も ”自分NGゾーン” もまとめて潜在意識だとして。
傷付いた記憶って ”自分NGゾーン” の部分に記憶されていると思うんですけど、そこに時間軸が存在しないとするならば。

時間軸が存在しないならば、肉体のあるなしに関わらず、現世の幼少期時代のトラウマも、過去世で生まれたトラウマも、まるごと全部自分のトラウマとなるわけで。(もちろん幸せな記憶もね)

ってことは、時間軸を持たない潜在意識はそのまま持ち越されて、私たちは時間軸を持つ肉体(物質)となって、今ここに生きてるわけですよね。

言いたいことわかるかしら(^_^;)??

だから「カルマ」と呼ばれるものも実は存在するのかもしれないなぁと、そんな風に思うわけです。

時間軸についてですが、ちょっと前に「時間は過去から未来へ向かうのではなく、未来から流れてくる」という話を聞いて、自分なりに調べてみたりしたんですよね。

何故かって、言ってる人がみんな引き寄せの法則の成功者だったから。笑

その方々曰く「時間とは川の流れのようなもので、自分は中流にただ立っているだけ。未来は上流から流れてくる。自分を通り過ぎた水は過去になる。」とのことなのですが・・・

要は「先に未来を設定して、上流から流れて来た時にキャッチできるような意識に変えよう」ってことで、「変わりたいなら過去を見るんじゃなくて、未来を設定して、その未来にふさわしい自分に今からなろう」ということ。

確かに、例えば10kg痩せたい人が(ココに)いるとして、成功させたいのであれば、『〇月〇日に10kg痩せる』と設定してしまえば、遡って、じゃあ今どうしたらいい?という発想に変わりますよね。

ちなみに、この方のブログがとても分かりやすいと思います( ·∀·)↓

時間は未来から過去に流れてることを意識できているか?
  イラスト by ほしうめスルメ(@auba3040) 動画でも解説してるのでみてね! 時間は未来から過去に向かって流れている 突然過ぎますが、「時間は未来から過去に流れてる」という話をみなさんは信じますか?...

ま、そんな考えを知って「なるほど!」と思ったわけなんですけど、それをきっかけに「時間」というものは、本当にただの人がつくった概念なんだなぁと思うようになりました。

何せ、上記のブログにも書いてありますけど、江戸時代の時計って今と反対回りだったらしいし、過去・現在・未来なんてもんは、本当にただの思い込みのひとつに過ぎないんだなぁと、改めて感じます。

だから、ちょっと発想を変えて、時間というものからちょっぴし離れて考えてみると、何か新しい発見があるかもしれないですね( ´艸`)

「成功したいなら先に未来を設定する」なんて、じゃ、過去世を視るヒプノセラピーは一体何なの?と思っちゃいますが、『潜在意識に時間は存在しない』ならば関係ないし、そもそも『未来を設定できない原因がある』って場合には大いに役立つような気がしています。(慌ててフォローしてるわけじゃないよ。)

「過去世」について長々と書きましたが、たぶん自分自身にブロックがあるからなんですよねぇ。
目に見えない世界は大好きだけど、なんか過去世とか言ってる自分に違和感を感じてしまったり、スピリチュアルに妄信しているように思われたくないみたいな。笑(他人軸)

the 正当化ლ(⁰⊖⁰ლ)

そもそも心理学やカウンセリングってスピリチュアルだよなー。
スピリチュアルって名前がアレなんだよなー。何か他に良いネーミングないかなー。

そのあたり、長い目で見つめていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました